外壁工事・外壁リフォーム・屋根工事施工例

物が飛んできて穴が空いてしまった銅板屋根の補修

 一文字葺ですが、銅は柔らかいためハゼ(銅板同士を引っ掛けておく突起部分)を起こして張り替えることが可能です。最近では銅板の屋根は少ないため、なかなか施工できる人はいませんが、弊社の作業員で施工できる者がおりましたので、作業させていただきました。

銅板屋根の補修   銅板屋根の補修   銅板屋根の補修
 
銅板屋根の補修   銅板屋根の補修   銅板屋根の補修

スレート倉庫のリフォーム

 スレートの屋根の上に、下地を流してその上に金属屋根を葺きました。

スレート倉庫のリフォーム   スレート倉庫のリフォーム
 
スレート倉庫のリフォーム   スレート倉庫のリフォーム

地震で割れてしまった某倉庫のサイディング張替え

 地震で割れてしまったスレートサイディングワイドをクリオンALC50mmに張替えをした作業です。ALCを貼りつけただけでは、外壁材としての機能を果たせないので、必ず防水性のある塗装を施します。
 ALCの外壁は、音を伝えにくく、断熱の効果も期待できます。スレートサイディングは、人体に良くない素材を使用していたため、今回の工事で、クリーンな外壁に交換することができました。スレートサイディングワイド改修から、施工まで3人の作業員で、約10日間ほどの期間がかかりました。

  • 施工前01↓施工後01
  • 施工前02↓施工後02
  • 施工前03↓施工後03

新築S邸の屋根材取り付け、外壁工事

 ウォールトーカイでは、新築S邸の屋根材取り付け、外壁工事を施しました。屋根材は、金属横葺き屋根を、外壁材はニチハの大壁工法エンシェントブリック仕上げを施しました。
金属横葺き屋根は軽い・和風のデザインに合いやすいというメリットはありますが、雨の音が室内に響きやすいというデメリットがあります。 そこで、ウォールトーカイでは、屋根板と野地板との間に「クリオンALCパネル35mm」を挟むことを提案させていただきました。クリオンALCパネルは外壁材の他にも、高い防音性を持ち合わせているため、防音材としても使用されています。

実際S様にも、高い防音性にご満足頂いております。

  • 新築S邸写真
  • 新築S邸写真
  • 見積り依頼・お電話でのお問い合わせはTEL0545-72-4905まで
  • 外壁工事・リフォーム・屋根工事についてメールでのお問合せ
建設業者の方へ

外壁工事・外壁リフォーム・外壁材・屋根工事に関するQ&A

  • 外壁工事Q&A
  • 屋根工事Q&A
建設業者の方へ

外壁塗装・サイディング・外壁、屋根の工事 有限会社ウォールトーカイについて

ウォールトーカイ会社外観写真

有限会社ウォールトーカイ

  • 〒419-0201
  • 静岡県富士市厚原2196-2
  • TEL/0545-72-4905
  • FAX/0545-72-4954
  • ■営業時間/9:00〜17:00
  • ■定休日/土・日・祝日